らすべぇ~の ベガスな旅と妄想

                               ラスベガス好きのブログ

MENU

ラスベガス旅行~2015年まで カジノ編①

f:id:lasvegas-love:20170507134825j:plain

らすべぇ~です!

今回は、ラスベガスでは外せないCASINOについて。

ラスベガスに行くと言うと、
ほとんどの人がカジノしに行くと思うようです。
当たっているけど・・・、当たってません。
目的はラスベガスの滞在を楽しむこと。
その中にカジノも含まれるという感じ。

そして、カジノはラスベガスじゃなきゃダメなんです。
オーストラリアでやった時も、気分は上がらなかった。
まぁ、マカオとかシンガポール・・・、興味がない訳ではないけれど、行く機会があれば・・・ね。

カジノといっても、私達はスロット専門!?
他のゲームはルールとか(英語も)あんまりわからないし、他のお客さんがいるのでモタモタして流れとか変にしても嫌だし・・・。
スロットは楽しいし、マイペースで良いんです!

こんなの出してみたい~っていうイメージ写真。

f:id:lasvegas-love:20170510091338j:plain

一度、ベネチアンでルーレットをやったことはあります。
誰もいないトコだったので。
最初は少しずつ勝っていったのですが、2組くらいお客さんがが増えたところで負けはじめました。
ディーラーは(人にもよるのかもしれないけど)、思うような数字で止めることができるらしいと聞いたことがあります。
上手いようにサクラにさせられたのかな。
勝ってた時も、そんなに盛り上がらなかったので。
それからはスロットのみです。

下の写真は、そのベネチアンの写真。
ホテルの中はベニスの水路、ゴンドラが・・・。
私は乗った事はありませんが、こぎ手のスタッフが歌ってくれます。

f:id:lasvegas-love:20170510093737j:plain

f:id:lasvegas-love:20170510093757j:plain

はじめてのラスベガス。
帰国前日の夜中に行ったMGMのカジノが楽しすぎました。
やり足りなくて、2か月後にはまたラスベガスへ。
その頃は、カジノの比重が大きかった。

ホテルから出ない日もありました。
負けこみ始めると、他のホテルへ行ったり。
まるでジプシーです。
MGMから向いのニューヨークニューヨークへの歩道橋。
何度歩いたことか。
歩道橋を渡りながら見るMGMの派手な宣伝画像を見ると、ラスベガスだなぁ~と感じました。

下の写真、左の自由の女神のあるトコがニューヨークニューヨーク。
右のMGMとの間に見ずらいけど、歩道橋があります。

f:id:lasvegas-love:20170510090637j:plain

で、これが夜バージョン。
最近は、前より暗くなったような・・・。

f:id:lasvegas-love:20170510090736j:plain

この歩道橋は両方のホテルの2階とつながっています。
ついでに、ニューヨークニューヨークに入り、2階からカジノフロアを見た光景がこれ。
ちょっと写真、暗めかな・・・。

f:id:lasvegas-love:20170510091054j:plain

ベラッジオあたりから、夜が明けて明るくなった5時頃にホテルまで歩いて帰ったことも。
ラスベガスでも、朝は人通りが少なく、ランニンングしてる人もいて、自分の体の疲れとは逆で爽やかな光景。 不健康な街に、こんな健康的な人もいるのだなぁ~。

ショッピングなどの移動で歩き疲れたら、戻る途中のカジノで・・・ということもしばしば。

スロットマシーンは、色んな種類があり、整列してる訳ではないので、台選びをしてる時に「さっきの台、どこだっけ?」なんてことも、しばしば。
リールが回るタイプやビデオタイプ。
ビデオタイプはゲームっぽく、おもしろい。
低い設定金額では1¢とか表示もありますが、MAXBETすると1度回転させるのに$3とか$5になるので、MAXBETでいくらになるのか要チェックです。
でも、ボーナスゲームとか面白いです。 人気のテレビ番組や映画のスロットもあります。
アメリカンアイドルやバッドマン、タイタニック、マイケルジャクソンなどなど。

f:id:lasvegas-love:20170512112709j:plain

昔、スリンゴというスロットにはまりました。
プレイしたことのある人ならわかると思いますが、ここまでやったからボーナスゲームをやるまで止められない・・・という状況に・・・。
止め時が難しく、ボーナスゲームになかなかならないと、危険です。
たしかフラミンゴホテルで、よくやりました。

f:id:lasvegas-love:20170510122158j:plain

どのホテルにもあった訳ではなかったように思います。
ある時、宿泊しているMGMにスリンゴが!
1段くらい高くなっってるエリアにスリンゴのスロットばかりがあります。
少しの違和感を感じつつ、遊び始めます。
すると、マイクを持った人が司会のようで何かしゃべってて、ボーナスゲームになる都度、何かくれます。
タダでくれるものは、とりあえずいただきます。
戸惑うよりも、私達はゲームに夢中。
何かイベントだったのでしょう。
MGMのマグカップやコースター、Tシャツなど。
今も、マグカップやコースターは現存。
Tシャツは、デザインがいまいち。
パジャマ用になったのかな?
下は、コースターの写真。
   f:id:lasvegas-love:20170512114702j:plain

リールタイプのも、シンプルなものもありますが、枠?のところがタッチパネルになってボーナスゲームの時に使うものも多いです。
ボードゲームモノポリーの台もよくやります。
モノポリーは昔からありますね。

f:id:lasvegas-love:20170510123305j:plain

ビデオタイプの台もあります。
2~3台並んでてもそれぞれ少し違っていることも。

フリースピンという、お金がかからず勝手に数回回るボーナスがあります。
ウィンホテルで遊んだ時です。
フリースピンになったんですね。
突然、大きな聞きなれた音楽がスロットから聞こえます。
「アホッ!アホッ!アホ~の坂田!」。
坂田利夫師匠の、あの音楽です。
意表を突かれました。
私達は、大笑い!!!
笑いが止まりません!
また、そのフリースピンがけっこう続きます!
フリースピンの動きも、ただ回るのではなく、音楽に合わせ逆回転も交えながらで、激しい感じ。
その間、ずーっと笑い続けました。
周囲の外人さん達には、当たって大喜びしてるアジア人に見えたでしょう。
実際は、アホの坂田で大笑いです!!!
この歌は、キダタローさんが「メキシカンハットダンス(メキシコ民謡)」を引用?したものだそう。
翌年、もう一度ラスベガスで「あほの坂田」が聞きたくてウィンを訪れましたが、どの台だったか覚えてなくて、もうなくなってたかもしれませんが・・・。
残念でした。
下は、ウィンホテル。

f:id:lasvegas-love:20170510112848j:plain

少し、長くなりました。
続きはカジノ編②で書きます。

お付き合いいただきありがとうございました。