読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 らすべぇ~の ベガスな旅と妄想

                               ラスベガス好きのブログ

MENU

ラスベガス旅行~2015年まで ホテル編(MGMグランド)

f:id:lasvegas-love:20170331192802j:plain

らすべぇ~です!

今回は、
これまで宿泊したホテルについて書きます。

ラスベガスはストリップと言われるメイン通りに
巨大ホテルが並んでいます。
(ダウンタウンにもホテルはありますが)
巨大すぎて、ホテルから出るのも、
「ちょっと隣のホテルに」というのも
けっこう歩きます。
現在、正確な数は違っているかもしれませんが、
世界の客室数が多いベスト15の中で
ラスベガスのホテルは2/3を占めているそうです。

私達が泊まった回数、
ダントツで多いのはMGMグランド!!!
10回くらい?
上の写真のホテルです。
ベネチアンの別館がオープンするまでは、
ラスベガスで客室数が1番でした。
(1つの建物としては、まだ1番かな)
大規模なコンベンションセンター
17000人収容できるアリーナもあります。
ホテル内にスターバックスが3件あることからも、大きさが感じられると思います。
30階建でこの客室数ですから、
1フロアの面積が大きく、そのぶん歩きます。

MGMは、1993年に開業したそうですが、
これは2代目。
その前は今のバリーズにあったそう。
私達はここが開業して6年目に初めて宿泊したんですね。
当時は、オズの魔法使いがテーマで、
部屋にはそういう写真(だったと思います)が飾られてました。
いつからか、
ファミリー向けから大人向けのホテルに変わっていきました。
アドベンチャーパークもあったのですが、
2001年に閉園。利用したことはないです。
ライオンハビタットという、
カジノの一角にガラス張りでライオンを見れるスペースもありました。
2010年にライオンが飼育員に襲いかかる事件もあったそうです。
飼育員は、
かすり傷程度で済んだようですが・・・。
今は、改装してなくなってしまいました。
もともと、ライオン達はMGMのものではなく、
別のところで暮らしていて、
ローテーションでMGMに来ていたそうです。

下の写真のライオンさんは、
フロントの前にいます。
大きなイベントがあると、
それに合わせた飾りつけをされています。
ちなみに、ホテルの外にあるライオン像は、
アメリカ最大の銅像だそうです。
45t。台座含めて20m。
(情報古くて変わってたらすみません)

f:id:lasvegas-love:20170401233219j:plain

ここの宿泊が多い理由は、
まず、大きくて派手でラスベガスらしいと感じるから。
それから、便利だったこと。
今は廃止されましたが、
JTBJALの巡回バスがあって、
MGMは両方の停留所がありました。
そして、MGMとバリーズ間に無料モノレールが・・・。
今は拡張して有料のモノレールになってしまいましたが・・・。
最近はレンタカー派なので、
あまり交通機関は気にしなくて良くなりました。
ファッションアウトレットへのシャトルバスも、MGMから出てました。
これも、廃止になっちゃいました。
そして、夜中に小腹が空いたときに利用するフードコートがあること。
本当かどうか、今はどうかわかりませんが、アメリカのマクドナルドのポテトは、
ラードで揚げてるからカラッとして美味しいとの話でした。
フードコートは、
ネイサンズ(独立記念日のホットドック早食い選手権で有名)やピザ屋さん、
ハーゲンダッツの店、スタバなどがあります。
ハマダという日本食の店も昔はありました。
特に、ピザ屋さんとマクドナルドはお世話になりました。
(残念なことに、去年、マクドナルドはJohnny Rocketsにかわってました)
そして、慣れかもしれませんが、 カジノがしっくりくる事もホテル選びの大事な要素です。
他のホテルでもカジノはしますが、
寝る前にもたいていしますから、大事です。

部屋はどんな感じかというと

f:id:lasvegas-love:20170402061556j:plain

2014年の写真です。
きれいに撮れてませんね。
私達庶民が普段宿泊するのは
 Grand Queen Room。
広さは、エクスペディア情報では41㎡。
ラスベガスのほとんどのホテル同様、
冷蔵庫・コーヒーメーカー・ポットはありません。
課金式の冷蔵庫はありますが・・・。
部屋から出かけて、
お金を使ってというのがラスベガス。
氷はアイスマシーンが各階にあるので、
勝手に取りに行きます。
アイロンやドライヤーはついてます。
風呂はありますが、
シャワーも一緒のタイプです。
アメニティは、シャンプー・コンディショナー・ボディローション・石鹸2個・コットン・綿棒くらい。
昔は、ソーイングセットとか靴磨きとか色々あった気がします。
バスローブもいつの間にかなくなってた。
9.11とかリーマンショックで景気が悪くなったせいなのか・・・。
清掃の質も悪くなったと思う。
前の宿泊者のゴミがベットの下から顔出してるのに、滞在中そのままだったり。
(いつ気づくかなって毎日チェックしてました。ちょっと、陰湿でしたかね)
引き出しに、前の宿泊者が置いていったであろう1セントコインが何枚も残ってたり。
昔は、清掃の人も余裕があったんじゃないかなぁ。
良し悪しは別として、時々、小さいタオルを薔薇の形にセッティングしてあった事も。

清掃といえば、
私達は昼に起きて午後から活動します。
起きてから氷を取りに部屋を出ると、たいてい清掃のワゴンが廊下のどこかにあります。
清掃の人に出くわすと、いつ掃除に入ったら良いか聞かれますが、
50%くらいの確率で、清掃されてません。
未使用のタオル類があれば、そのままにすることもありますが、
最近は外出前に電話で依頼する事が多いです。

MGMはDo not disturbの札をドアノブにかけるタイプです。
ある時、午前11時頃かな、
私達はまだ睡眠中。
ノックの音がして、男性が1人入って来ました。
唖然としてると、テレビのほうに来て、
何かをチェックして帰って行きました。
推測するに、ホテルの人が課金式の冷蔵庫やスナックのチェックに来たのだと思います。
何か説明するとかしてくれても良かったんじゃないか?
勝手に入るなんてなぜ?
外出の時に、Do not disturbの札がない事に気づきました。
酔っぱらった他の部屋の人が持って行っちゃったのかもしれません。
次の晩はDo not disturbと書いたメモをドアノブに輪ゴムでかけました。
翌日の清掃で、新しい札に変えてくれてました。

セーフティボックスは
ベットサイドの引き出しにあります。
暗証番号入力するタイプで、
3回間違えたら1時間は使えません。
暗証番号を忘れてしまった事があります。
珍しく早く目覚め、午前中から出かけられたはずなのに・・・。
何度かやって諦め、セキュリティーを呼びました。
大柄なセキュリティーの人が2人。
強そうだし、拳銃も携帯してたそうです。
アメリカですから、当たり前か~。
考えてみると、
日本の警備は高齢の人や力のなさそうな人もいますが、大丈夫なのかな?
機械をかざしたら数字が流れて行って、
暗証番号に該当したところで開錠!
セキュリティーに感謝感謝です。
この場合、チップって要るのかな?
要らなさそうだけど、感謝の気持ちを込め、
廊下まで追いかけてチップ渡しました!
それ以来、セーフティボックスの管理は、らいおん君(夫)に。

らいおん君は喫煙家です。
記憶は曖昧ですが、いつも24階だった気がします。多分、喫煙フロア。
2015年。初めて喫煙ルームの空きがない事態に。
ホテル側が配慮してくれたのか、
エレベーターの近くの禁煙の部屋。
すぐ、カジノに降りて吸えるようにだと思います。
MGMは、エレベーター降りてから部屋数が多いので、けっこう歩きます。
エレベーター近くをリクエストする人もいますが、私達は気にしませんでした。
で、エレベーター近くの部屋はどうだったかと言うと、
自分の部屋の前を、宿泊客がおしゃべりしながら通る頻度は増えますが、通り過ぎますので一瞬です。
問題はコネクティングルームということでした!
勿論、コネムティングルーム間のドアは開きませんが、
音が良く聞こえる!!
朝っぱらから子供と親のテンションの高い声(昼まで寝てる私達もどうかしてますが)、
隣室の客がかわったなぁと思ったら、電話で話す声が聞こえてくる。
今まで宿泊した時には、隣室がそんなに気になることはなかった!!
コネクティングルームは注意です。
そして、たばこの件ですが、MGMグループには禁煙の波が押し寄せ、
今は、全室禁煙になってしまいました(カジノはタバコOK)。

MGMの事は、このくらいしかなかったっけ?

カジノについては、また別に書きます。

次回は、他の宿泊したホテルについて書こうと思います。

お付き合い頂き、ありがとうございました。